NEC VALUESTAR VW770/ES6をSSD換装してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 59

NEC VALUESTAR W VW770/ES」の起動や動作が全体的に遅いということでHDDをSSDに換装してみました。

今回SSDへ換装するPC

2011年5月19日発売の「NEC VALUESTAR W VW770/ES6W (PC-VW770ES6W)」です。

「映像と音の感動を解き放つ フルHD液晶AVパソコン」という「VALUESTAR W」シリーズです。

CPUはIntel Core i7-2630QM(2GHz/4コア/8スレッド)、メモリーは4GB(DDR3 PC3-10600/最大8GB)、画面サイズは23インチ液晶一体型、解像度は1920×1080(FHD)、HDDは2TB(SATA/5400RPM)、光学ドライブはBDドライブ、有線LANは10/100/1000bps、無線LANはIEEE802.11b/g/n対応、地デジ/BSデジ/110°CSデジ対応ダブルチューナー搭載、OSはWindows 7 Home Premium SP1 64bit、Microsoft Office Home and Business 2010がプリインストール。

実家で父が使っているものですが、起動が遅くて困っている様子。

「改善するのって買い替えしか無いのかー」とか言っていたものの、i7だし、23インチ一体型だし、同等以上のスペックで買い替えって、けっこう大変そう…!Σ(゚ロ゚)o゙

ぽぽろん「データは外付HDDに保存するのでかまわないなら、システムドライブをSSDにする手があるよっΣ(゚ロ゚)o゙」

DELL INSPIRON 1501」をSSD換装して起動速度が「ちょっぱや!Σ(゚ロ゚)o゙」になっているのを見ているので、結構乗り気です。

ぽぽ父「どれ買えばいいんだ?」
ぽぽろん「んじゃあ、SanDiskの、256GBくらいのでどうだろうか。」

SanDisk UltraII 240GB 2.5インチ SDSSDHII-240G-J25」にすることに。

ultra-ii-240gb

SanDisk UltraPlus SSD 256GB SDSSDHP-256G-G25」の後継のような感じです。

MLCでは無く、「安価な代わりに速度と信頼性がやや落ちるTLC」を使いつつも、独自の「nChache 2.0」技術で、一部のチップを「SLC」動作させたり、DRAMメモリキャッシュを組み合わせたりして、総合的な信頼性と読み書き速度を上げた製品です。

120GB~960GBまで、「容量が違うのに早さが同じ」っていうのは、古くからのSSDユーザーとしてはびっくりな感じです。

(下記の表のとおり、ランダム読み出し性能以外は同じ速度表記となっています。120/240GBは同時にアクセスできるチャネル4つ、480/960GBは8つなので、この差で体感は異なってくると思います。)

型番 SDSSDHII
-960G-J25
SDSSDHII
-480G-J25
SDSSDHII
-240G-J25
SDSSDHII
-120G-J25
容量 960GB 480GB 240GB 120GB
インターフェース SATA 3.0 (6Gb/秒)
nCache2.0 チャネル 8チャネル 4チャネル
シーケンシャル 読み出し最大 550MB/秒
書き込み最大 500MB/秒
ランダム 読み出し最大 99K IOPS 98K IOPS 91K IOPS 81K IOPS
書き込み最大 83K IOPS
発売日 2014年9月

「CrystalMark 3.0.3 x64」を使って「SDSSDHII-240G-J25」を計測。期待どおりの数値が出ていると思います。

※VW770に繋いでの計測結果ではありません。

CDM3_SanDisk_SDSSDHII-240G-J25

「TLC」は「MLC」より速度と信頼性が落ちると書いたものの、現在主流の「MLC」は「SLC」より速度と信頼性が落ちるものです。

じゃあ、5年前の「SLC」と現行品の「MLC」、どっちが速度と信頼性が高くて安いかといえば…やはり現行品の方になると思うので、MLCとかTLCとかこだわる必要は無いのかも。

裏側をはずして、HDD→SSD換装

VW770の本体は重いので、設置したまま作業をします。

裏側のネジをはずしていき、裏蓋を外します。

「NEC 一体型 VW770/GS ハードディスク交換|NEC一体型PCマスターへの道」さんが分かり易く、参考にさせていただきました。

NEC 一体型 VW770/GS ハードディスク交換 - PCマスターへの道
NECの一体型パソコン VW770/GSのハードディスク交換を行いました。分解と交換の様子を紹介しています。

開きました。

ve770-open

スタンドに半分隠れてHDDが設置されています。

vw770-hdd-mounter

右側にある電源ケーブルとSATAケーブルを外して、ネジを外して、マウンターごとHDDを外します。

HDDはスペック表では「5400RPM HDD」ということでしたが、WD Greenシリーズ「WesternDigital WD20EARS 2.0TB 」でした。

この前、SSD換装した「SONY VAIO VPC216J」は、WD Blackシリーズでした。

thumbnail-vpc216j-backVAIO VPCJ216FJをSSD換装してみた
「DELL INSPIRON 1501」、「ASUS EeeTop PC ET2010AGT」に引き続き、「SONY VAIO VPCJ216FJ」もHDD→SSD換装を行います。今回SSDへ換装するPC2011年6月11日発売の「SONY VAIO VPCJ216FJ」。「PC・テレビ・ブルーレイディスクレコーダー。1台3役のずっと使える『ボード...

実は自分のメインPCもWD Greenだったりします。

みんなWD好きですね。(この話に関係ないですね(^-^;)

HDDマウンタのケーブルの位置がメンドウなのは前回のVPC216FJと同じ感じです。

前回は「宙ぶらりん」でSSDを設置してしまいましたが、今回は2.5→3.5ケース「Cremax ICY DOCK」を使いました。

「センチュリー 裸族のインナー」というのが入手性が高くて良さそうです。

(気にならなければ、宙ぶらりんでも良いですが…)

起動が高速化。

現地で作業したので、計測とかはできませんでした(^-^;

(後日、追記)
VW770/ES+SDSSDSII-240Gで計測してみました。
CDM5.0.2_NEC_VW770ES6_SDSSDSII-240G
ベンチマーク結果もですが、体感もやや遅い印象があります。
もしかしたらSATA2.0なのかも?

が、Windows起動も速くなり、起動直後にアプリが起動しない状態が続いていたのが解消。

WordやExcelも数秒で起動する感じで快適になりました。

標準状態のWEI(ウィンドウズ エクスペリエンス インデックス)、HDDのスコアは「5.9」です。

vw770-wei-before

SSDへ換装後。基本スコアこそ変わっていませんが、HDDのスコアが「7.5」になりました。

vw770-wei-after

WEIは、実際の速度だけでなく、最新の技術が取り入れられていると得点が高い傾向にあるので、あくまでも目安に。(ディスクの項目はRAID組んで信頼性と速度が向上していたとしても、HDDというだけで上限値が5.9になったりします。)

今まで使っていたHDDは外付けに

今回、「USB2.0の外付HDDは遅いので、USB3.0対応のHDDが欲しい」という話もありました。

BUFFALOのサイトによると、USB2.0の速度は34.7MB/s程度、USB3.0が123.4MB/s程度だそうです。

これからは新規格 超高速USB3.0 | BUFFALO バッファロー
パソコン、デジタル家電、周辺機器の一般的な接続規格「USB2.0」の上位規格『USB3.0』が新登場。USB2.0と互換性を保ちながら、データの転送速度が約10倍以上の最大5Gbpsという超高速の新規格です。

5400RPMの読み書き速度は60MB/s程度なので、USB2.0だと半分くらいの速度しか出ていないことになります。

(HDDは記録密度とプラッタ枚数、回転数によって読み書き速度が変わってきます。数字はあくまでも目安程度に。)

高性能な外付HDDを新たに購入するという手もありますが、今回は「Logitec HDDケース 3.5HDD USB3.0 ファン付き LHR-EGU3F」を購入して、今まで使用していたHDDを外付けHDDにしました。

外付HDDが増えて容量が増えてきたのは良いのですが、故障によるデータ消失の可能性は無くなりません。

次は、RAID対応のHDDケース(もしくはNAS)かなぁ…。

広告