11acを試してみた…ちょっぱや!Σ(゚ロ゚)o゙

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 64

無線LANの最新規格である「IEEE802.11ac」が速いらしいので、試してみました。

無線LANが不安定な部屋がある

実家の無線LAN親機にはIEEE802.11b/g/n対応の「WHR-HP-G300N」を使っていました。

CATVモデムのあるリビングに無線LAN親機も置いてあるのですが、「部屋・廊下・壁」を越えたところでは、電波が弱くなったりして、不安定なときがあります。

image_Wi-Fi_11bg_2.4GHz

無線LAN電波のイメージ

数値としてはそこそこ届いていそうな場所でも、突然アンテナが弱くなったりして、はたまた繋がらなくなってしまう事があるとかで、何とか安定させたいと思っていました。

無線LAN中継器を置くことも考えたのですが、「親機から障害物が少ない」「電源がある」「水濡れが無い」という場所を探すと、なかなか良いポイントが見つかりません。

最近の無線LANの性能は更に上がっているというので、いっそ買い替えるのも良さそうです。

最新規格11acってどんなのだろう?

「IEEE802.11ac」は5GHzの周波数帯を使い、最大6900Mbpsの速度が出る無線LAN規格のようです。

「6900Mbps」って…Σ(゚ロ゚)o゙

ご家庭用の有線LANの1000Mbpsとか、余裕で超えちゃってるじゃんか!Σ(゚ロ゚)o゙

実際のところ、搭載するアンテナの数にも関係するので、一般に市販される親機の速度は「1300Mbps」、PC側は433Mbpsとか867Mbpsという感じのようです。

11b/g規格などで使用される2.4GHzの周波数は、Bluetoothなどの他の無線規格や、電子レンジなどの電化製品でもよく使われるため、電波干渉を起こして速度低下しやすいと言われています。

一方、11a規格などで使用される5GHzの周波数は、2.4Ghzのような電波干渉も少なく、高い周波数によって高速通信が可能と言われています。

とはいえ、高い周波数は壁などの障害物に吸収されやすいため、「障害物が少なければ11a(5GHz)が高速」、「壁などの障害物があっても11g(2.4GHz)が安定」という感じでした。

11acは5GHzを使うとのことなので、「部屋や壁、廊下、ドアが多いとやっぱりダメかなぁ(^-^;」と思っていたのですが、店頭のポップを見てみると、2.4GHzの11gよりも5GHzの11acの方が障害物に強いようでした。

あとは考えるのは、速度と値段のバランスです。

製品の型番と通信速度

11ac規格では、アンテナ1本で約433Mbpsの速度が出るようで、アンテナ2本なら867、アンテナ3本なら1300と表記されているようです。

11n/a(5GHz)と、11n/g/b(2.4Ghz)では、アンテナ1本で150、2本で300、3本で450といった感じです。

型番を見て、「xxx-1750xxx」となっていた場合、11acのアンテナ3本(1300)+11n/a/g/bのアンテナ3本(450)=1750という感じだと思います。

子機側もアンテナが複数本あれば、束ねて使って、それぞれの速度が出ます。

「この親機、1300Mbpsですから、速いですよー!」

なんて言葉につられて、高性能な親機を購入しても、子機がアンテナ1本であれば、速度は433Mbps以上出ませんので注意。

ただし、親機のアンテナが多ければ、同時に子機を複数台繋げたときに、速度低下しづらかったりはしそうです。

WPSとAOSS、どっちがいい?

WPSは、Wi-Fiをボタンを押すだけで簡単に設定できる「国際規格」です。暗号化方式はWPA/WPA2に対して使用できます。

AOSSは、BUFFALO社の独自規格で、WPSのようにボタンを押すだけでWi-Fiの設定ができます。WPSよりも前から存在する規格で、WPA/WPA2の他、WEPに対しても使用できます。

らくらく無線スタートというNECテクニカ社の独自規格もあります。

Androidなどの端末ではWPSをサポートしている場合が多く、一部の端末(シャープや富士通など)ではWPSとAOSSの両方をサポートしています。

アップル社のiPhone/iPad/iPod touchなどは簡単設定には対応していないため、SSIDを選んで、暗号化キーを入力する「手動設定」が必要です。(BUFFALOのAOSS2を使用すると、長くて打ち間違えやすい暗号化キーを入力せず、3桁の数字を入力して設定することが出来ます。)

easy-wlanAndroidのWi-Fi簡単設定(WPS/AOSS/らくらく無線スタート) 対応状況
このページでは、分かりづらいSSIDやパスワードを画面から入力しなくても、ボタンを押すだけで簡単に無線LANの設定が行える「WPS」「AOSS」「らくらく無線スタート」といった機能が付いているかどうか調べることができます。無線LANの親機が「WPS」と「AOSS」に対応...

日本のゲーム機では「WPS」よりも、「AOSS」と「らくらく無線スタート」をサポートしている場合が多いようです。

携帯ゲーム機の「NINTENDO DS」では、暗号化方式が「WEP」にしか対応していなかったため、簡単設定ができるのは「AOSS」だけでしたが、3DSでは「WPA」に対応しているため、AOSSにこだわる必要はありません。

SONYの据え置き型ゲーム機「PS3」では、簡単設定として「AOSS」と「らくらく無線スタート」に対応していますが、「WPS」には対応していません。親機がWPSにしか対応していない場合には、手動設定が必要です。

親機\Android端末WPS対応AOSS対応らくらく無線スタート対応Wi-Fi簡単設定 非対応
WPSに対応しているWPS---
AOSSに対応している-AOSS-AOSSアプリを試してみる
AOSS2に対応しているWPSAOSS/AOSS2-AOSS2で設定してみる
らくらく無線スタートに対応している--らくらく無線スタートらくらく無線スタートアプリを試してみる
どれにも対応していないアプリを試してみるアプリを試してみる手動で設定
どれに対応しているか分からない

ゲーム機が多い人は「AOSS」対応のBUFFALO社のものか、「らくらく無線スタート」対応のNEC社のものを選ぶのが良さそうです。

ELECOMを選んでみた

さて、基本的には「無線LAN親機はバッファローマジおすすめ(^-^)o」なので、「BUFFALO WSR-1166DHP」が第一候補でした。

無線LAN子機を探していたところ、「ELECOM WDC-433DU2HBK」が良さそうでした。

package-wdc-433du2hbk

最終的にはメーカーをそろえて親機には「ELECOM WRC-1750GHBK2-I」をチョイスしてみました(^-^)o

package-wrc-1750ghbk2-i

(「Wi-Fi(ワイファイ)」という規格であるため、同じメーカーで機器を揃える必要は無いのですが、同時期に購入するものはメーカーを合わせたくなる性分なのです(^-^;)

では、試してみよう、そうしよう

親機は「ELECOM WRC-1750GHBK2-I」、性能はac(5GHz) 1300Mbps、n/a(5GHz) 450Mbps、n/b/g(2.4GHz) 450Mbpsです。

content-wrc-1750ghbk2-i

デスクトップPC用の子機には大きなアンテナが付いている「ELECOM WDC-433DU2HBK」、性能はac(5GHz) 433Mbps、n/a(5GHz) 150Mbps、n/g/b(2.4GHz) 150Mbpsです。

ノートPC用の子機にはコンパクトな「ELECOM WDC-433SU2MBK」、性能はac/n/a(5GHz) 433Mbpsで、5GHzのみの対応です。

elecom-wi-fi-set

子機は、ドライバーのインストールが必要ですが、CDやDVDなどのメディアは付属していません。

インターネット経由でダウンロード・インストールします。

無線LANを使うためにはインターネットからドライバーをダウンロードしないといけないので、何かかしら内蔵LANを使ってダウンロードするか、他のPCでダウンロードしてSDカードやUSBメモリーでコピーする必要があります。

ドライバーのインストールが終わったら、子機をUSB端子に接続します。

USBは2.0(480Mbps)対応なので、USB3.0のポートに差す必要はありません。

インターネットの速度計測してみた

インターネット回線はフレッツ光の100Mbps。プロバイダーはOCNです。

USENのスピードテストが分かり易いので、こちらを使って速度を確認します。

スピードテスト | 回線速度・通信速度測定
フレッツ光、ADSL、モバイルデータ通信などの回線速度・通信速度の測定ができます。

有線LANだと70~80Mbps、調子の良いときだと90Mbpsくらいまで出ます。

usen-speedtest-wired

Windows8タブレット「acer W510D」を使用して、無線LANでの速度を計測してみます。(Windows8.1へアップグレード済)

まずは、内蔵している11n(5GHz)で接続したときの速度です。

usen-speedtest-w510d-11n-5ghz

だいたい20~25Mbpsのようです。

次は内蔵無線LANを無効にして、11acで接続してみます。

usen-speedtest-wdc433du2hbk-11ac

80Mbps近く出てる…!Σ(゚ロ゚)o゙

有線LANと変わらなくてビックリですΣ(゚ロ゚)o゙

っていうか、有線LANで測っちゃったか?と思いましたΣ(゚ロ゚)o゙(W810Dに有線LANはありません。)

長くなったので、続く

広告