ぽぽづれ。

「ただいま」の挨拶よりも電源スイッチONのが先な、そんな日常を綴る『ぽぽろんのパソコンつれづれ日記(ぽぽづれ)』へようこそ。

Pz-LinkCard WordPress

[Pz-LkC]Pz-LinkCardで外部リンクのサムネイル画像を表示する方法

リンクをカード形式で表示するWordPressプラグイン「Pz-LinkCard」を公式プラグインディレクトリにて公開しました。

外部リンクのサムネイル画像

外部リンクのサムネイル画像について、インストール・有効化した直後は表示されない設定になっています。

画像ファイルのキャッシュをセキュアに行うのは難しいと判断したため、当プラグインでは画像の取得・キャッシュを行いません。

その代わり、公開されているWebAPIを利用する機能があります。

とにかく設定してみる

まずは、「サムネイル画像の取得API」という項目を設定する必要があります。

WordPress管理画面から、「設定」→「Pz カード設定」と選んでいきます。

「リンクカード設定」という画面になるので、「画像取得APIの指定」のところにある「サムネイル画像の取得API」という項目を探してください。

thumbnail-api

ここに、画像取得APIを使用するURLを記述します。

 

画像取得APIについては、使用するサイトさんが利用者という形になりますので、利用規約などが明らかになっているものについては目を通していただくと良いと思います。

WordPress.comのmshots APIを利用する

キャプチャ画像を取得するWordPressプラグインとして「Browser-Shots(旧・BM-Shots)」が有名かと思いますが、そちらでも使っているAPIを利用する記述です。

thumbnail-mshots

http://s.wordpress.com/mshots/v1/%URL%?w=100

このAPIに利用に関しては、下記リンクが参考になるかと思います。(英語)

An Automated Way to Take Screenshots of any Website - Free
Note: We’ve now released a plugin called Browser Shots that wraps up this functionality into something a little more official. …

HeartRails社の画像APIを利用する

HeartRails社の「HeartRails Capture」という無料のウェブサービスがあります。

このHeartRails Captureを利用する記述です。

thumbnail-heartrails-capture

http://capture.heartrails.com/100x100?%URL%

「商用・非商用問わず無料でご利用いただけます」となっていますが、「大規模サイト(月間100万PV以上)」で利用する場合は要相談となっていますので、ヘルプ利用規約免責事項に目を通してから使用していただけると良いかと思います。

その他の画像APIを利用する

「%URL%」と書いたところをリンク先のURLで置き換えます。

画像URLとして使用できるものなら指定できますが、キャッシュする仕組みなどは無いため、リンク先サイトのURLを直接指定するような使い方は避けてください。

その他

今後も当プラグイン単独で画像を取得するような仕組みは実装しない予定です。

何か良い仕組みがあれば連携できるようにはしていきたいと思います。

-Pz-LinkCard, WordPress
-